アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、自閉症の一つのタイプで,LD(学習障害)や知的障害と同じ発達障害というグループに属しています。


認知や言語発達など、知的に遅れのある人は言われています。

アスペルガー症候群の定義や、アスペルガーと高機能自閉症は同じものかどうかについては諸説ありますが、一般的には高機能自閉症(知的障害のない自閉症)と同じものとされています。


また、アスペルガーは知的障害の有無を問わず、言語障害のない自閉症を指すという人もいます。
posted by あすぺるがー at 11:49 | アスペルガー症候群について

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群は性別との相関関係があり、全体の75%が男性であると言われています。

症状が現れずに潜在化する場合も勘案しなければならないので、この数値にはある程度の疑問も残りますが・・。


アスペルガー症候群の病状は3つの特徴があり、「想像力」「社会性」「コミュニケーション」を持ちます。

1・想像力とは、見立て遊び、ふり遊びや、こだわりと関係し、この子供は、想像力が欠如しているために、想像力の必要な「自分が○○だったら」というような少なさ、融通の利かなさ、に現れ、コレクションや反復的行動、融通のきかなさとして現れます。


2・社会性とは、人と一緒にいるときに、どのように振る舞うべきかと、ということです。


3・コミュニケーションとは、自分の思っていることをどう相手に伝えるか、相手の言いたいことをどう理解するか、ということです。


上記のようなことから、アスペルガーの人は高い知能と社交能力の低さを併せ持つと考える人もいます。
posted by あすぺるがー at 00:00 | アスペルガー症候群について

ADHDとアスペルガー症候群

不注意、衝動的、落ち着きがないという、一見、ADHDのように見えるが、異なるアスペルガー症候群である子どもの家庭でのサポート法、幼稚園や学校での対処法など、誤解の多い子どもたちを救う解決法を示す。

事にあまり抵抗のないタイプの人のことが詳しく書かれています。

対応方法などが的確に示されていて先生にも是非読んで欲しい本です。
posted by あすぺるがー at 18:00 | アスペルガー関連書籍

ぼくのアスペルガー症候群

アスペルガー症候群の世界。

本書で述べられていることは、自閉症やアスペルガー症候群の子どもたちの困難や悩みの経験を代弁している。
本人やまために知恵、うまく生きていくためのアイデアが盛り込まれている。
子供もアスペルガー症候群です。
素直なビックリです。
知ってよぼくらのことを〜そのとおり、知ってもらう事からスタートで、知ろうとする事が、彼らの一番のサポートになるのだと思います。
posted by あすぺるがー at 18:00 | アスペルガー関連書籍

アスペルガー症候群と学習障害

心に関する研究にはめざしい進展がみられるものの、解明されていないことはまだまだ多い。そのことは、心の問題にも当てはまります。
心の働きは極めて複雑で、捉えることは難しい。
心と脳について、現時点(2003年現在)で解明されていることを解説したのが本書だ。
第1章では心の発達を評価・判定していくスケールを紹介する。

第4章では回路について、終章では心の障害について解説している。
情報などを盛り込んでいるが、全編にわたり平易な言葉で表現しているので、構えることなく気軽に読み進めることができる。
心の問題を考えていくうえで、ひとつ道標とも1冊といえます。


その臨床的特徴には、自己中心性、特異な行動への執着、他人の感情を読み取る事が不得手である事、他が、挙げられて居る。
この疾患が注目される背景には、この疾患が多い事と、この疾患を持つ子供の一部に、反社会的行動が説が注目された事が挙げられる。

−−アスペルガー症候群の専門家の中には、著者と見解を異とする専門家も、居るのではないだろうか?−−
著者が、議論を避けた事は残念である。
posted by あすぺるがー at 16:00 | アスペルガー関連書籍
アスペルガー症候群のTOPにもどる
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。